ボーナスって貰えるの?

一般的な企業は、年に2回ほど賞与(ボーナス)と言われるものがあります。看護師の職も同じで、年に2回ほどのボーナスが支給されます。看護師さんのボーナスの支給額に関しては、勤務先や個人の経験、技術によって差がありますが、2009年の統計では、年間賞与が平均80万円となっています。ボーナスは年に2回の場合が多いので、1回の賞与40万円程度になります。この金額は平均ですので、条件によっては上下することもあります。これを考えると結構貰えると思う方も多いでしょう。

単発のアルバイトやパートで働く際に気をつけておかなければならないことは、こういったボーナスや退職金、厚生年金がないことです。金額にすると年間で数百万円単位もの給与支給額が変わってくるので、収入を第一に考えている人は常勤で働く方が良いでしょう。

ボーナスの金額は、勤務先の病院の規模によって特に差が生まれるとされています。1000人以上の大きな大学病院などでは、年間賞与の金額は100万円程度と言われており、平均の80万円を上回ります。100人以上の中規模の病院では、78万円と平均を少し下回ってしまいます。さらに10人以上の小規模の病院では、69万円と平均をさらに下回ってしまいます。

看護師のボーナスは、男性看護師と女性看護師でも差が出てきます。小規模の病院では、男性看護師の方が支給額が18万円ほど高くなっているようです。一方で1000人以上の大きな病院では、逆に女性の方が支給額が10万円ほど高くなっているようです。看護師として働いていれば、必ずボーナスがもらえるわけではありません。開業医などの場合では、ボーナスそのものがないような病院もあるようです。

ボーナスは支給額が大きいので、年収も大きく左右されます。ですので、やっぱり単発バイトでなく正社員として就職先を決める際には、看護師専門求人サイトなどの募集情報を活用して、ボーナスがあるかどうかや、ボーナスの支給額をチェックしておくのもいいかと思います。

>> 人気ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る