夜勤で働けば特別手当てを得られる

入院の設備があって夜間受付もしている病院では、日勤とは別に夜勤業務が加わります。夜勤は通常深夜から早朝までで、朝からら夕方までを受け持つ日勤との二交代制になっています。病院の中には三交代制を採用しているところもありますが、夜勤があるという意味では変わりがありません。

いずれの病院でも日勤と夜勤の組み合わせでシフト制となっていて、看護師全体で交代しながら夜勤を担当することになっています。日勤も夜勤もどちらも同じく大変な仕事ですが、人間は自然のサイクルで昼間に活動して夜に眠るようにできているものなので、夜通しで勤務する夜勤業務は肉体面でも精神面でもハードな仕事と言えるでしょう。

ただし夜勤の場合は日勤ではつかない「夜勤手当」が支給されるため、お給料は高めになります。相場は勤め先によって事情が変わりますが、多いところの例では一回の夜勤で3〜5万円の手当がつくこともあるようです。

ただ、この高額なケースに関しては、夜勤をひとりで担当したり、担当するベッド数も多いなど、通常よりも更にハードな仕事内容であることが多く見られます。給与面を重視するのであれば夜勤にたくさん入れるところがお勧めですが、昼夜逆転の生活は体に負担が大きいので、よく考えて無理のないようにコントロールしましょう。

>> 人気ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る