男性看護師が抱える色々な悩み

近頃では男性看護師も増えてきたとはいっても、看護師の95%が女性であると言われています。看護師の職場は、実に女性社会なのです。そのような環境で働く男性看護師は、色々な悩みを抱えていたりします。

その悩みというのは、やはり人間関係のことです。女性の多い、というより、女性ばかりの職場ですから、男性看護師はどうしても孤立してしまいがちです。意見が合わないとかいじめがあるとか、そういったことではなく、女性同士があいさつ程度に行っている簡単な会話などについていけなかったり、ちょっとしたことでも孤立しているように感じたりして、それが悩みにつながることも少なくないのです。

男性看護師が昼休みのランチタイムに、いつも一人でご飯を食べていたりすると、「一人がいいのかな?」と、他の看護師も気をつかって声を掛けづらくなったりしてきて、結果、何をするにも一人で行動しがちになる、ということもよくあります。

男性看護師の中には、自分の立場に対して悩み始める人もいます。この悩みは男性看護師に特有のものであるかもしれません。どういう悩みなのかというと、医師との関係においての悩みです。病院の職場では、毎日がチームプレーです。医師や看護師がチームとなって患者の治療にあたっていきます。

このチームのリーダーが誰であるかというと、もちろん医師です。この医師と看護師の上下関係は固定化されているものです。年配の看護師にとっては、医師が自分よりも年下であったりしますから、年下のリーダーから指示を受けたり、命令されるということもあります。男性看護師にとってもそれは同じです。ただ、こういった年下男性からの指示に抵抗感を強く感じてしまいやすいのも、一般的に女性よりも男性でしょう。

職場では孤立しがちである、年下の医師からの指示に抵抗感がある。このような悩みを抱えてしまったときには、転職エージェントに相談してみましょう。今までたくさんの看護師の悩みを聞き、アドバイスをしてきた人に無料で相談にのってもらえます。同じ看護師だからといって、誰もが同じように仕事をしているわけではありませんから、色々なケースを知っている転職エージェントに話を聞いてもらう価値はあるでしょう。自分の知らなかったことも発見できるかもしれません。

現在、転職を考えているわけではなくても、あまりに悩みが深くなった場合は、転職も視野にいれましょう。医療の現場において、特に看護師は、人と接することが仕事といっても過言ではありません。人が変われば、仕事の雰囲気もガラッと変わると思います。

>> 人気ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る