通勤時の服装まで制限される

看護師は清潔さが重要な仕事です。患者にとっても清潔な服装をして看護に当たってくれる看護師には大変安心感を覚えるもので、勤務中の身だしなみに厳しい病院も多いでしょう。看護師自身も清潔さの重要性を充分理解しており、勤務中の身だしなみへの注意はきちんと聞き入れている場合が多いようです。

しかし、中には勤務時間外の、通勤時の服装などにまで厳しい制限をかけている病院もあるようです。勤務中であれば職務上の規定ですので身だしなみを注意されても不快に感じることはないでしょう。しかし一旦勤務から離れた場所で服装に関して口うるさく言われると、その職場に対して反発心を感じてしまう看護師も少なくありません。

服装は特に個人個人で許容範囲が大きく違います。例えば通勤時のミニスカートを禁止する病院の場合、病院側が考えるミニスカートと、看護師が考えるミニスカートの範囲も異なってきます。これは単純な認識の相違によるものですが、認識の相違というのは、乗り越えるには少々難しい問題でもあります。

そもそも病院側は自分たちの認識が一般的だと感じていますし、看護師側でも同様のことが言えます。そうなってくるとこの問題は平行線の一途を辿るしかなく、看護師としては「こんな職場で働きたくない」と思わせるのに充分な要素となりえます。自分の服装を改善して勤務し続けることができる場合は問題ありません。しかしどうしてもそうしたくない場合、最終的には看護師が違う職場に移るしかなくなってしまうでしょう。

しかし自分の服装が許容される職場は一体どれほどあるものでしょうか。他の職場に移ろうとしても、まずは先にそのことを知らなくてはなりません。そんな時でも看護師求人サイトを利用すると便利です。

看護師求人サイトでは服装規定などの観点からも求人情報を提供してくれます。一般の求人情報では病院内部の服装規定を知ることはできませんので、いざ就職してみたら前の職場よりも規定が厳しかった、ということもないわけではありません。そうした失敗を起こさないように、服装規定を重視した求職活動を行う場合でも看護師求人サイトは力になってくれるでしょう。

>> 人気ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る