一人に任される仕事量が多くサービス残業も当たり前

看護師の方に話を聞くと、サービス残業が多いと話す人が多い傾向があります。その理由として挙げられる事が、看護師一人に任される仕事量の多さです。高齢化社会の問題と直面している日本ですが、国は財政状態が厳しいことが現状です。なので、医療費を少しでも削減したいと考えているのです。そのことが影響して、国が与える病院への医療費も高齢者が増加しているのに減少している現状があるのです。

病院で節約の為にコストを意識しようという考えが広まった事は良い事かもしれませんが、その事でデメリットも発生しています。それが、病院で働く看護師の人数の不足です。看護師が不足している原因としては、国の財政状態も大きく結びついています。高齢化社会に伴い、医療の力を必要としている人は増えているので看護師が不足していると満足にサービスを受けることが出来ない人が発生します。

例えて言うと、以前は病院に勤務していた十人の看護師を財政の為八人に減少することにします。人数が少なくなれば、その減った分の人数の仕事を残りで分担しなければいけません。それが、サービス残業に繋がっているのです。残業代がしっかりと支払われるならば問題になることもないと思いますが、コスト削減を求めてくる病院が増えた為残業代が払われない、すなわちサービス残業が増加ということになってくるのです。

また、昔に比べると看護師の報告業務は増加傾向になっている現状があります。これは、医療ミスなどが起きないように過敏な注意をしているからです。医療ミスが社会で報道されるような問題になると、病院にとっても大きなダメージになりますし信頼を取り戻す為には膨大な時間が必要とされます。報告業務できちんと記録をしておけば、後々訴訟などの問題が起きた時に資料になるのです。医療ミスが起きないように報告することは大切な事なので良いと思うのですが、結果仕事量の増加になりサービス残業に繋がっています。

サービス残業が多くてストレスを感じてしまい、職場を変えたいと考えた時はどのようにすれば良いか検討している人も中にはいることでしょう。もしそのような悩みを抱えているときは、看護師求人サイトに登録して担当の人に相談することがおすすめです。看護師求人サイトは求人先について幅広い情報をもっているので、サービス残業があるかどうかくらいのことは熟知しているからです。ただ、実際に働いてみないと職場の現状は分かりませんので自分で納得した上で求人に応募するかを考えることが一番大切ではないかと思います。

>> 人気ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る